読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今夜、どこで寝る

旅と踊りと酒

上手く話せないから手紙を書く

拝啓

私は話すのがすごく苦手です。
口から言葉を出して思いを伝えることがすごく下手です。
思ってることを話そうとすると、どもったりもたついたり、上手くまとまらない。
三分の一も伝わらないっていうけど、本当にそれな、と思う。
だから大事なことは文章にして手紙で渡す方が好きです。

と思っていたんだけど、それはもしかして自分の気持ちを繕いたいだけなのかな、と思うときもある。
感情のままにバーッと話してしまうと、相手を傷つけすぎたり、本当のことばかり言って相手を追い詰めてしまっていいことがない。
本当のこと、正しいことは、良いことかもしれないけど、そればかりをぶつけたら誰だって辛い。
正しいことばかり押し付けて、こっちは気持ちよくなれるかもしれないけど、相手はそうじゃない。
誰にでも弱さや辛い部分があり、脆い部分をかばいながら生きている。
感情的になるとそういうところを鋭く刺すようなことばかり言ってしまう。
言った方がいいこともある、けれどただ自分が優位に立ちたいだけのために「正しさ」を武器にして攻撃することは、なんか違う気がする。
だからその正しさと優しさの絶妙なバランスが難しくて、人と上手く話せない。
「愚痴を言いたいだけ」の人にアドバイスをしてはいけないし、「ノロけたいだけ」の人に真剣な忠告をするべきではない。


多分本当の意味でアドバイスが欲しい人なんてどこにもいないんじゃないかな。
だって本当はみんな、自分で全部わかってるんだから。
それをわからないフリしてる方が楽だから、そうしているだけで、見えないようにしてるだけだと思う。
でもそれをずっと続けてると本当に分からなくなってしまうんだよねー。
分からないフリをずっと続けていると、「本当に自分が感じていること」が何なのか、わかんなくなってしまう。
だからわかんないフリなんてしないで、自分の感じたことをそのままやったほうがいい。
Don't think, FEELですね。

相変わらず上手く話せないし、忘れられないことばかりだけど、何とかやっているよ。
あなたは元気にしているんだろうか。
好き、と嫌い、くらいは口に出して上手に言えるようになりたいです。
おわり。