読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今夜、どこで寝る

旅と踊りと酒

5/17 雑記 昼も夜もなく

 

・毎日がせわしない

ものすごく忙しいわけではないのだけれど、何となくやることがたくさんあるような感じがする。
タスクを整理すると大したことがないはずなのに、気ぜわしい。
部屋が散らかってるからかなー。部屋を片付けなきゃ、というのが心理的負担である。
夜は夜で毎日ポールもするし、昼は書き物をしたり雑務を片付けたり。
休みは週1だけど、その休みの日すらお客さんとご飯食べに行ったりしてるから、よく考えたら丸1日何もしなかった日というのがない。
飲み屋のお姉ちゃんにありがちなやつ。
今年も2か月旅行に行ってたわけだけど、タイとスペインでは学校に行ってたから遊んでたわけでもなし。
完全に遊びだけの旅、もう何年も行ってないなあ。
そろそろボケーっとするだけの旅行に行きたくなってきた。
勉強でも修行でもネタ作りでもない、(結果的に書きたくなったら書くだろうけど)ぽやっとするだけの旅行、行きたいな〜。

・飲み歩きたい

この前久しぶりに飲み歩いたのだけど、まあ楽しかった。
ああ、お酒飲んですっごく楽しい!って思ったの、久しぶりだった。
お酒を飲むことイコール仕事なので、完全にプライベートのスイッチを入れて飲酒自体を楽しめることがなかなかない。
いくつか条件があって、その場にいる人が全員飲んでいること、みんなそこそこ飲めること、気を遣わなくていい場所、時間などを気にしなくて良いこと。
こういうのが揃ってないと心から「飲酒」を楽しめないんだよなあ。
お酒がある「場」を楽しむのと、お酒を飲むこと自体を楽しめるのは私の中ではちょっと違う。
お酒を飲むこと自体を楽しめるのは結構ハードルが高いなって気がついた。
私よりお酒が強い人ばかりの方が楽しい。酒豪の友達が欲しい。

・もっと映画を観たい
気ぜわしいと時間の使い方が下手になる。
もう随分新しい映画を観ていない。あんまり見る気にもならない。
これはまずい。
本を読むのは息をするのと同じ感じでやってるけれど、映画は随分見なくなってしまった。
映画を一緒に見てくれる恋人がいるときは、毎週のように借りてきて見ていた。いい人だったなー。
お酒が強くて一緒に映画を見てくれる人なんて最高だよね。女神かと思うわ。
一人でも観るけど、一緒に見るのも楽しい。飲みながら。
一番好きなデートかもしれない、家で飲みながら映画。

・最後のデートも同じ場所で待ち合わせよう
この時期になるとマッキーの「花水木」を無意識に口ずさんでしまう。
5月に別れた思い出があるから、というだけでなく、なんとなくこの季節の曲だからなのかすっと口から出てくる。
誰かと別れるということは相手に新しい地図をあげることなんだと、自分に言い聞かせて悲しみを紛らわしていたけど、私も相手から地図をもらっていたんだよね。
その地図のおかげで私は女の子と付き合うようになったし、ポールダンスも続けているし、こうして文章も書いている。
新しい地図をゆっくり眺めながら違う場所へ行けるように、ずっと祈っている。
おわり。