読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今夜、どこで寝る

旅と踊りと酒

全米選手権3連覇の元スケート選手ジョニー・ウィアーが語るユーリ!!! on ICEの魅力

 

フィギュア世界女王、エフゲニー・メドヴェージェワも熱狂させるなど世界的な反響を見せるユーリ!!! on ICEですが、引退したレジェンドもこのアニメに夢中になっているご様子です。
海外のアニメ情報サイト The Geekiaryさんに掲載された、元フィギュアスケート選手ジョニー・ウィアーさんのインタビュー記事を、許可をいただいて意訳しましたので全文を公開します。
全米選手権3連覇という輝かしい経歴を持つ彼をも虜にするYOIの魅力とは?

 

ジョニー・ウィアー - Wikipedia

 

※意訳しましたが、誤訳があったらコメントでご指摘お願いします!

 

thegeekiary.com

 

ANGEL: You originally said you’d limit yourself to one episode per day, but then watched the first ten episodes over 4 days. What brought you into Yuri on Ice, and what about this show made you break your own rule and marathon it so quickly?

インタビュアー:
「1日1話見る」っていうリミットを自分自身に課すと言ってたけど、実際には10話までを4日間で見たんですよね。何がそこまであなたをユーリオンアイスに夢中にさせたの?この作品のどんなところが、自分で決めたルールを破ってしまうほどに魅力的だと思う?
 
JOHNNY: I became familiar with Yuri on Ice after I started to see people tweeting about the show. 
In general I don’t have a lot of time for entertainment so I am usually years behind the rest of the world when it comes to “new” things. However, when Evgenia Medvedeva tweeted that she thought Yuri’s Eros was similar to me, and the photos of Viktor’s rose crown, I had to watch. 
 
ジョニー:
いろんな人がツイートしてるのを見たからユーリオンアイスを見始めたんだよね。
そもそも僕はあんまり娯楽的なものに時間を割かないっていうか、新しいものが現れてもここ数年は気にも留めてなかったんだ。
ただ、メドヴェージェワ(ロシアの女子フィギュアスケート選手)が、
「勇利のエロスの表現はあなたに似てると思う」
とツイートしてたのと、ヴィクトルがバラの冠を被ってるのを見て、観なきゃ!と思ったんだ。
 

I broke my rule about one episode per day because I physically couldn’t stop watching. I love figure skating, its funny little world, and Japan, so even watching the first episode made me feel so at home and happy.  

 

ジョニー:
1日1話ずつ見ていこうって思ってんだけど、そのルール守れなかったんだ。
見るのを止めれないくらい面白くて!
フィギュアスケートを愛してるし、日本も好きだし、第1話を見ただけですごく幸せで、いるべき場所に戻ったみたいな気持ちになったんだよ。
 
There are so many details about the show that I can relate to, even small things like spending time in onsen, Japanese train stations and so on, that the show is visually filled with happy memories. I am now caught up and agonizing of the Grand Prix Final free skate with the rest of Yuri’s fans. 
 
ジョニー:
あるある!って思う描写がたくさんあるんだ。すごく細かいところだったりするんだけど。例えば温泉のシーンとか、日本の電車の駅とか、観てるだけで幸せな気持ちになるよ。
 
今は12話のグランプリファイナルのFSのことを考えて、気になりすぎて他のYOIファンと同じように苦しんでるよ。
 
 
EMILY: Director Sayo Yamamoto credited you for capturing their interest in figure skating with your performance of Poker Face, and you’ve clearly been an inspiration to the story itself. How did it feel seeing the show pay tribute to you by having Victor at the top of the podium  in a version of a costume you’d designed for the 2006 Olympics, and the flower crown you sported at the 2010 Olympics?
 
インタビュアー:
山本沙代監督はあなたのPoker Faceのパフォーマンスを見てフィギュアスケートに興味を持ったみたいですね。あなたの存在がYOIという作品にインスピレーションを与えていると思います。
あなたに敬意を表して作られたシーンがあり、あなたの存在に影響されたヴィクトルというキャラクターが表彰台に立って、2006のオリンピックの時の衣装や2010のオリンピックの時の花冠をかぶっていたりすることを、どんな風に感じましたか?
 
JOHNNY: There are so many parallels that I’ve noticed while watching the show. I changed coaches and competed in Cup of China and Cup of Russia when I was 23 and trying to reinvigorate my career like Yuri-kun. My junior world championship victory was in Sofia, Bulgaria like Viktor. I even was one of the first skaters who traveled with my own special tissue box starring my favorite cartoon, Cheburashka. Of course, the homage to my Swan costume from Torino and my rose crown in Vancouver from one of my dearest fans, were very special moments in my life and I’m so happy to see them show up now in a show I love.
 
ジョニー:
YOIを見ていて、自分のことみたいだ!と思ったことは沢山あるんだよね。
僕も23歳の時に、コーチを変えたし、中国選手権とロシア選手権で戦ったし、自分のキャリアをより良い方向へ変えていこうと思っていたから、まるで勇利と同じみたいだと思った。
ジュニア選手権で優勝したのはブルガリアのソフィア。これはヴィクトルと一緒だね。それから、僕が世界で一番最初に「お気に入りのキャラクターのティッシュケース」と世界中を旅したスケーターの一人なんじゃないかな。チェブラーシカのティッシュケースだったよ。
それから、トリノの時の白鳥の衣装とバンクーバーの時の薔薇の冠を、YOIでオマージュしてもらえてとても嬉しいよ。あれは僕の人生の中でも特別なものだからね。
 
I am very honored that the production team has taken some inspiration not just from me, but from the skating world. There are so many details that pop up that wouldn’t mean anything to a casual skating fan, but to us as skaters who actually lived it, you can see so much respect for our world and what we do through the animations and story lines. Even down to the way certain hotels look. It’s very special.
 
ジョニー:
YOIの制作チームが、僕だけじゃなくて、スケート界全体からインスピレーションを得てこの作品を作ってくれたことがすごく誇らしいよ。
スケートファンへの細部のこだわりっていうより、スケートの世界に生きている僕ら選手へのリスペクトみたいなものをストーリーを通して感じることができるよ。ホテルの外観ひとつとってもね。僕らにとっては特別なことだからね。
 
 
ANGEL: What’s it like to watch a fictionalized version of events you’ve experienced. Does Yuri on Ice feel like a loving representation of the sport? (And what about those banquets? Any infamous dance-offs we need to know about?)
 
インタビュアー:
自分が経験したことのフィクション版を見るってどんな感じ?
ユーリオンアイスは、スポーツに対する愛があると思う?
(バンケットについてはどう?つまりあのダンスシーンについてなんだけど)
 
 
JOHNNY: It definitely feels like a very knowledgeable and loving representation of the skating world. The producers definitely took their time to be sure that every detail was right. The fact that there are so many details makes it seem like the entire team was at events with us, backstage, in hotel rooms, at the banquets and so on.
 
ジョニー:
はっきり言い切れるほど、スケート界に対する愛と、とてもしっかりと調べられて作られた作品だということが感じられるよ。
製作陣は、本当にささいなデイティールさえもこれでよし!という確信が持てるまで時間を割いて調べ上げたんじゃないかな。
まるで製作陣が僕たちと一緒にスケートリンクや舞台裏やホテルの部屋、バンケットにいたんじゃないかって思えるくらい、しっかりと作りこまれているよ。
 
At the banquets, it’s rare for the skaters to get very drunk. Usually the banquets are time spent between the whole skating family, coaches, judges and federation officials, so drunken dance-offs would be pretty inappropriate. The drunken dance offs happen in the hotel rooms once all the old people go to bed.
 
ジョニー:
あのバンケットのシーンのことなんだけど、スケーターがめちゃめちゃ酔っぱらうって珍しいことなんだよね。だって普通バンケットって、選手だけじゃなくて、コーチも、ジャッジも、開催当局もいて、そんなところで酔っ払うのはちょっとマズいよね。
酔っ払ってダンスバトルが起きたことはあるよ。一回だけ、みんなが寝静まってからホテルの部屋でだけどね。
 
There have been many strange moments watching a fictionalized version of our world, so much so that I’ve had times when I say to myself, “Who told!?”  There are so many secrets in  the show that only skaters or people very close to them, would know about. Sometimes a character will remind me of a dirty little secret that even hardcore skating fans don’t know about, and while it may not be completely played out in the show, the pink elephant has entered the room.
 
ジョニー:
YOIを見てて、おかしいな?これ、誰が製作陣にバラしたの?!って思ったことが何度かあるよ。だってスケーター自身か、スケーターにすごく近い人じゃないと知りえないようなことも描かれているからね。
時々、YOIのキャラがちょっと黒歴史みたいなことを僕に思い出させるよ。それもすっごいコアなスケートファンすら知らないようなことをね。
 
 
EMILY: You stated on Twitter that things would have been different for you as a 20-something skater, with a show like Yuri on Ice on the air. Now we’re seeing current competitors and legends like yourself embrace the show. Do you think that the show’s LGBT themes and depiction of a world where queer athletes are celebrated for their abilities without bias could have an impact on the culture surrounding figure skating?
 
インタビュアー:
ツイッターで、ユーリオンアイスみたいなのがあったら20世紀のスケーターは違った感じになっただろうね、と言っていましたね。
私たちは今、現役の選手や、あなたのような伝説的な選手がYOIを賞賛しているのを見ています。
YOIのエピソードがLGBT的なテーマを取り扱ったり、そう言った選手たちが偏見の目にさらされず能力をただ評価されているシーンの描写は、フィギュアスケート界に影響を与えると思いますか?
 
 
JOHNNY: Well, my tweet was more based on sitting in onsen with your Russian skating stud crush than the show being on while I skated. Haha.

I think all positive imagery of LGBT themes in sport are good. Unfortunately, the majority of people that rule the skating world are conservative and more business minded. I think many of them, while they may love and appreciate the art and the sport, are more interested in the business side of things or power trips. I don’t know if “Yuri on Ice” will be able to change the perception of gay athletes to a 60 year old businessman, but I am of the school of thought that every little bit helps.
 
ジョニー:
うーん、僕のツイートは、僕自身のスケートよりも、某ロシア人スケーターが温泉に入ってる描写についてだよね(笑)
 
LGBTに対するポジティブなイメージはすごくいいと思う。
残念なことに、スケート界を支配している人々は、保守的だったりビジネス的であることをこちらに強いてくる。彼らの多くは、もちろんスポーツ的な側面やアートな部分を愛しているとは思うんだけど、それよりもビジネスや権威に興味があるんじゃないかな。
YOIが60歳のビジネスマンの「ゲイ・アスリート」に対する認識を変えられるかどうかまではわからない。けれど、少しでも助けにはなるんじゃないかな。
 
When I was competing, despite being very gay, I wanted my skating to speak for itself and have it judged purely on merit not on the circus that is me. Being gay had as much to do with my performances as muscle cars or giraffes. I dedicated my life to my sport and wanted to be judged and appreciated for my performances alone. I like seeing that quality from Yuri-kun too.
 
ジョニー:
僕が現役だった時、同性愛者であるにも関わらず、自分の演技でそれを表現してそれを純粋に演技としてジャッジして欲しいと思った。同性愛者であることは僕そのものであり、僕の演技と密接に関係していたからね。僕の演技そのものをジャッジしてみて欲しいと決めてた。勇利くんにも似たような気概を感じるよ。
 
 
ANGEL: As the sports commentator for the GPF, if you were going into it with these characters/competitors, what would you hope to see?
 
インタビュアー:
グランプリファイナルのコメンテーターとして、もしあなたがYOIの世界にいるとしたら、彼らのどんな演技が見たい?
 
 
JOHNNY: I obviously want Yuri-kun to win! What’s fun about Yuri’s Grand Prix Final is that I can be completely biased in my hopes for the event. Yuri and Yuri are my favorite skaters in the group so I hope for their successes. I don’t want to give away spoilers because there may be people who haven’t seen the episodes yet.
 
ジョニー:
そりゃもう、勇利くんが勝つのが見たいよ!ちょっと期待過剰かもしれないけどね。二人のユーリは僕のお気に入りのスケーターだから、二人の成功を祈ってるよ。
まだ見てない人もいると思うからこれ以上のネタバレはやめておくよ。
 
 
I tweeted about my feelings about JJ and Chris and the fandom got upset with me, especially about hating Chris. The production has been so good that these fictional characters actually remind me of people I did not like in my own career so I think it’s completely organic and natural that I don’t like those characters.  Chris in particular annoys me because, aside from on-ice orgasms, there is so much about him that reminds me of several bitter rivals of my own.
 
ジョニー:
ツイッターでも書いたんだけど、JJとクリスについて、二次創作でも描かれてたんだけど特にクリスが嫌いだってことね。
製作陣がしっかり研究して作られたキャラ達だから、自分の競技人生の中でマジで嫌いだった人を思い起こさせるんだよね。クリスの何が嫌かって氷上でまるでイってるみたいな描写が、何人かのライバル選手を思い起こさせるんだよ…。
 
EMILY:Retired ice dancer Kenji Miyamoto choreographs the performances for Yuri on Ice, and has done choreography for you in the past. If you could choose one of the characters’ performances this season to skate yourself, which would you choose? Why?
 
インタビュアー:
引退したアイスダンサーの宮本賢二さんが、ユーリオンアイスのパフォーマンスの振り付けをしていますよね。彼はあなたの振り付けもしていました。
もしYOIのキャラの振り付けを一つ選んで踊るとしたたどの振り付けがいい?そして、それはなぜ?
 
JOHNNY: I could tell from the first opening credits in episode one that Kenji-sensei was involved in “Yuri on Ice”. The choreography looked like Kenji-sensei’s. He is wonderful and I’m sure he’s giving a lot of secret stories to the production.
If I could choose one performance to skate that would match me, I would definitely say Yurio’s “Agape”.  It is totally my style.
 
ジョニー:
第1話のオープニングを見たときから賢二先生が関わってるってわかったよ。振り付けが賢二先生そのものだったからね。本当に素晴らしい先生だし、多分スケート界の秘密をいっぱい製作陣にバラしていると思うよ。
もし一つ振り付けを選べるなら、間違いなくユリオのアガペーを踊りたいな。すっごく僕っぽい振り付けだから。
 
 
ANGEL: What is your overall take-away from Yuri on Ice: any final comments or impressions?
 
インタビュアー:
総合的にあなたがYOIから感じたものは?どんな印象を受けたか教えてください。
 
JOHNNY: I never thought I would take the time to watch an anime series, despite appreciating the art form. “Yuri on Ice” feels like home to me, and it really inspires me and makes me so happy that there is such a wonderful worldwide response to the show. Yes there are skaters that watch it, but we always tend to support anything about our sport. What is truly magnificent is that people who know nothing about skating are watching and becoming aware of our world and for that, I am very thankful and humbled.
 
ジョニー:
まさか、自分がよく知ってる事についてのアニメのシリーズを、わざわざ時間を割いて見るなんて思ってなかった。
YOIはすごく懐かしい気持ちにさせてくれたし、この作品に世界的な反響があることをとても嬉しく思うよ。
この作品を見ているスケーターがいるのは、僕らのやっていることを題材にしてくれるものを、サポートしたい気持ちからってのもあると思う。
何よりも素晴らしいのは、スケートのことを何も知らない人たちがこの作品に触れて、この世界を知ってくれることだよ。すごく感謝しているし身が引き締まる思いだね。