今夜、どこで寝る

旅と踊りと酒

乃木坂46の秋元真夏さん・生田絵梨さんのエイプリルフール同性婚ネタについて当事者が考えたこと

元ネタはこちら

 

www.huffingtonpost.jp

さっき私がしたブクマはこちら

 

 

乃木坂46メンバー、「同性との挙式」をエイプリルフールに投稿し物議。「性的マイノリティをネタとして消費」と専門家

当事者だがこれがダメなら男女の結婚ネタもダメなわけで、まず彼女らが「同性婚なんてあり得ない」と思ってたかと、当事者である可能性について考えている オープンリーレズビアンがこのネタやったらみんな怒るの?

2022/04/03 22:02

 

でね、実は件のインスタ投稿ちゃんとみてなかったので見てみました。

 

ドレスっぽい写真と「式をあげました」ってすぐ後に
ハッシュタグで #エイプリルフール って書いてあるのね。
なるほどなるほど。
まず第一にこの、文章のあと即
「これはエイプリルフールです」
ってなってるのがより怒りを煽る原因にはなってる気がする。
「これはあり得ないことなんですよ〜」
っていう表明っぽさを感じないこともない。

ただ、この投稿に関する一連の意見の中で、

「結婚ができる、権利を享受している側であるくせにそれができない当事者をまるで揶揄しているかのような、ネタとして消費しているような、それが許し難い(大変ひどい行為だ)」

っていう意見が散見されたので、一応セクシャルマイノリティ当事者としていろんなことを考えた上で書かせていただくね。

 

彼女らが当事者じゃないなんて誰がわかるの?

 

ノンケじゃないかもしれないじゃん。
バイかもしれないしレズビアンかもしれないし、
二人が本当に付き合ってる可能性は?
またもしくは別に恋愛感情がなくても、とても深い友情で結ばれていて、結婚してもいいと思うくらいある意味で愛し合っている可能性は?

まーそんなこと言ったらキリねえよ、とにかく当事者は気分を害してるんだよ!!と言われたらそれまででございます。

問題点があるとしたら表現の仕方だったと思うし、こういう批判が起こらないように気をつける手段はあったようにも思います。

例えば #エイプリルフール の前に
#婚姻の自由を全ての人に
#結婚したいくらい大好き
#残念だけど今はまだ同性婚できないね
#でもエイプリルフール
#友情で結ばれてます
#ずっと仲良しでいようね
みたいな感じだったら怒る人も今よりは少なかったかも…しれません。
結婚したいくらい仲良しだからこのネタやっちゃいました、今は同性婚できないけど本当に同性同士で結婚できるようになったらいいよね!的なニュアンスがあったら良きだったね。

 

しかしさ、こんな若くて可愛いアイドルの女の子同士が、たとえエイプリルフールだったとしても、式あげたなんて堂々と言える世の中ってすごくない?

私はすごいと思うんだ。

10年前だったら考えられなかったよ。
もし10年前に同じことやったら「禁断愛」とか「本当にレズビアンなのでは?」とか色んなマイナスな言葉もっと投げ掛けられてたのではないかな。
その点も含めて、この国は変わっている最中なんだな、パートナーシップ制度も含めて同性婚実現(もしくは婚姻制度の抜本的改革)に近づいてるね〜って私は思いました。
こうやって今議論が巻き起こってるのも含めてね。
何を言ったらダメで何を言ったらいいかってのが大きく変革している時なのだと思います。

セクシャルマジョリティもマイノリティも、こうしてどんどん価値観をアップグレードしていく段階に入っているのでしょう。
レッツ変化変容。
おわり。

新刊「タイに行きたい」発売開始しました

紆余曲折ございましたが無事にkindle新刊出せました〜

コロナで全然海外行けないので溢れる旅情を叩きつけた本です。是非ご覧ください。

 

 

紆余曲折はこちら

www.dokodeneru.com

既刊あります。こちらも合わせてどぞ

 

 

 

 

pagesで作ったepubファイルで簡単にKindle direct publishing が全然できない話

 

ファイルがおかしくて販売できない

タイトルの通りの話なのですが、現在新刊を作っており原稿データはとうに完成しているのにKDPの不具合なのか何なのか、全く販売が開始できない状況にございます。

今回はiPad Proとmagic keyboardで執筆し、それをpagesで編集してepubファイルに出力した後、入稿しようという流れでやっていました。

そもそもすでにKDPで著作を1冊出しており、特に問題のない流れだろうと考えていました。

 

 


ただ前回はpagesではなくでんでんエディター及びでんでんコンバーターを使用してのepubファイル作成だったので、手順は違いましたが、ネット上に散々「pagesで電子書籍を簡単に作ろう」みたいな記事もあったし、スムーズにことが運ぶだろうと思っていたのです。

 

プレビューすらできない

pagesにはいくつかデフォルトテンプレートがあり、縦書きの小説形式のものがあったのでそれを選択。すでに完成していた原稿を流し込み、画像を入れたり文章校正をして完成。
あとは表紙データとともにKDP上にファイルをアップロードすればOK、というものでした…が。
いざ発売されたものをダウンロードすると(Kindle Unlimited登録作品なので、何度でもDL&解除可能)

「この作品と互換性がないです」

的なことを言われダウンロードすらできない状態に。
なんで????????
と思った末調べてわかったことは、「固定型」という設定にしているとどうやら販売がうまくいかないということでした。

ならばリフロー型にしてみよう

そんじゃあ癪だけどもリフロー型にするか。
というのも私の著作は画像をちょいちょい挟んでいるエッセイ形式なので、リフローにするとレイアウト崩れが起こる可能性があったから固定にしていたのです。

そしてリフロー型にして、今度はしっかりKDPのプレビュー機能確認してみるとやっぱりめちゃくちゃにレイアウト崩れてる!!!

この問題は、文章→画像→文章という構成の時に起きます。
対処としては画像のテキスト折り返しを「上下」にすること、また画像の前の文章に「ページ送り」を設定しておくことでプレビュー上はレイアウトが崩れなくなりました。

そう。プレビュー上は。

一見完璧に見えた原稿を発売開始しダウンロードしてみるとただ真っ白な画面が永遠に続く破損ファイルだったのです……

その後試したこと

・pagesのデフォルトテンプレの使用をやめ新規作成から作り直す
→効果なし、プレビュー上は正常だがダウンロードすると真っ白

・画像ファイルのサイズを小さくし、1枚だけ混じっていたheicファイルをjpegに変換して再挑戦
→効果なし、プレビュー上は正常だがダウンロードすると真っ白

今後やろうと思っていること

pagesはとても簡単にレイアウトが組めるし、便利な機能もあるのでできれば今後はこれで本を書きたいので、この不具合がなぜ出るのかを解明したい。
しかしながらいささかこの不具合と立ち向かうことに疲れてもいるため、どうしようもなさそうなら前回と同じくでんでんコンバーター経由で出したファイルで入稿しようと思います。
元々画像が多用されたファイルはエラーが出やすいとの情報も散見しているので、どうにか対処法を見つけたい…

続報があればこちらの記事に追記し、未来のKDP作家に役立てていただければと思います。

 

2/15追記

なんとすでに正常に販売開始されていた

 

多分なんですけど、新しい原稿データアップロードしてもすでにダウンロードしてる読者にはその最新版の原稿が反映されないそうなんです。
つまり私=一番最初の破損ファイル版をダウンロード済みなので、正常になったバージョンを読めていなかった…みたいで。
プレビューしてくださった黒竹さん、友人知人の端末でも再確認しやっと正常であることがわかりました。
この教訓を生かして次の作品を早々に出したい所存。

 

2/3 最近読んだ本

 

すでに一巻が出ているにやま先生の「そんなに言うなら抱いてやる」続編でとった…!!!!!!
尊みがすぎる

 

 

こちらもすでに2巻が出てますね。重版されまくりの今一番勢いがある商業BLではなかろうか。フェチ心くすぐる感じが好きだ。

 

何が起こったらそんなことになるんだ、と思って買ってみた。イスラエル行ってみたいんだよな〜

 

 

もうすでに話題になりまくりだけどめっちゃ面白い構成。そしてフリーレンの圧倒的強さに感服。安心して読める作品である

 

 

辻英司は恋をしない (caramelコミックス)

辻英司は恋をしない (caramelコミックス)

  • 作者:rasu
  • モバイルメディアリサーチ
Amazon

「三森さんのやらしいお口」のスピンオフなんですが、なんと本編よりいいかもとすら思ってしまった…辻〜!!!!

 

 

ここ最近読んだホラー系漫画でダントツ怖いし面白いしゾッとする。
でも怖いだけじゃなくて主人公2人のキャラも立っててよき

 

全てが終わらないと書けない

hase0831.hatenablog.jp

何か新製品を見つけてレビューしたり、ノウハウをシェアするタイプではなく、自分の中で煮詰めた考えを文章にしていくタイプのブロガーは、この問題にどう対処しているのだろう。

飽きる時あるよね〜〜〜わかる…。そしてこの段を100万回口に出して読みたい。

はてなが過疎だという話は置いといて。

 

私は物事が「すべて終わった、完了した、そして熟成した」
と自分自身で感じられないと書けないタイプだ。
下記記事なんてその典型例である。

 

www.dokodeneru.com

会社を辞めて何年も経って、同僚におっぱい呼ばわりされたことをある意味自分の中で精算できたからこそ、この文章は書けたのだと思う。

あーこれ書きたいな、とかこれいいネタだなと思うこといっぱいあるんだけど、自分がその物事の渦中にまだいたり、熟成しきったと感じられていないと、文章として構成することが難しい。

多分まだそれに対しての当事者意識が強すぎて(?)冷静に見たり、文章を書く上での分析ができないのだと思う。

一時期ブログを鬼のように更新できたのは、溜めに溜めていた熟成ネタがたくさんあったから。それらを大放出して、今はまた新たなネタを熟成している段階なのだなと感じている。
毎日更新する義務があるわけでもなし、惰性で書いた日記よりも、手間隙かけて熟成した良い文章をご提供したい。
書いた文章を読むのは私自身でもあるのだから。

 

今はYouTubeとかTikTokとかいろんなメディアがあるけど、やっぱり文字でしかお伝えできないこともたくさんある。
踊ることでしか表現できないこともある。
口で話すのが苦手だけど、その他の表現方法に辿り着くことができてよかったと心底思います。
これからも泥臭く、見苦しく、さらに暑苦しい文章を書きたいな。

おわり

 

Kindleで本出すのそんなに難しくはなかった話

先日、KDPで本を出したよ。

 

 

KDPで本出すのやってみたいな〜と思っていて、色々調べたり

こちらの記事を参考にさせてもらったり

lfk.hatenablog.com

・写真の用意(挿し込むものと表紙)

・本文を書く

・epubに変換する

・Amazonにアップロードして審査待ち

というかんたん4ステップなので、本当に誰でもできると思います。

 

今回の本は本当に最低限の編集て感じだったけど、pagesで作ってepubに変換したりもできるんですよね。縦書きも対応してるし。

こっちのが遥かにやりやすそうだしテンプレある分、外見に困って作業が進まないってことも減りそうなので、次回からはpagesで作ってみようと思います。

 

そういう機会がないとまとまった文章を書くモチベーションになりづらいので、自分を鼓舞する手段としてもガンガン本出して行こう思います〜

ぜひ読んでください。

おわり

kindleで本を出しました

お久しぶりで〜〜す まなつです。

 

平成最後の夏にまとめた本を今!kindleで出版しました!!!

 

 

 

なんでこんなに時間が空いたのかというと
出版できるくらいのところまでデータを作ってあったのに、PCを買い替えた時にそのデータを紛失してしまったからです…

しかしすごいね、なんとiCloudにあった。ありがとうiCloud…
apple様のおかげでこの本は世に出ました。ジョブズの墓参りに行きたい。

 

散文というか現代詩というかエッセイというか、寄せ集めのようなものをまとめたものです。
銀色夏生さんが好きで…こういう写真と散文みたいな本ずっと出したかったんです!!
というわけで今後もこのスタイルのやつ出します。は〜〜楽しい〜〜

それから引っ越しを20回以上した経験&実家(借家)がことごとく取り壊しになるという話を出す予定です。

基本的にkindle unlimitedで読めるようになってますので、ぜひお手軽に読んでみてくださ〜〜いそしてレビューもぜひ!!!!

 

あとこちらもね!!

 

 

たくさん文章書くぞ〜〜い

 

おわり。