今夜、どこで寝る

旅と踊りと酒

赤信号の間

呼んだら来てくれる、というのはやはり嬉しいものなんだろうか。
私はどちらかというと、自分から会いに行ってしまうタイプである。



昔、ずっと年上の人のことをとても好きになった。
肌が綺麗で、足がすらりと長く、自分には到底太刀打ちできそうもない破天荒な性格の人だった。
酔っぱらうと床に寝てしまうし、ふざけて私のことをたくさんからかった。
その人の踊りやお酒の飲み方、透き通るような色の白さ、時々見せる弱さや口の悪さがとても好きだった。叶うはずのない恋だとわかっていたので、たくさん話して楽しくなった帰り道はこっそり泣いた。
きっとこの人もいつかは男の人と付き合い結婚し、しあわせになる。そしてそれは正しいことだ。誰に止められることでもない。
もし万が一私が彼女の心を射止められたとしても、私にはその「正しいしあわせ」をあげることはできない。子供も作れないし、結婚もできない。
だから酔って手を繋がれたり後ろから抱きつかれると、嬉しい反面物悲しくなって涙をこらえてばかりだった。なんでもないフリをしていた。大好きなのに、大好きとも言えずに。
ある時、偶然その人が横断歩道の向こう側に立っているのを見つけた。人が多いからこちらには気づいていないようだ。ああ、今日も綺麗だな、と赤信号の間だけ本当の自分になって見つめた。その人のことを大好きな自分。大好きと言いたいのに言えない自分。それを告げて気持ち悪いと思われたくない自分。
信号が変わり、大勢の人たちが行き交う道の真ん中で私はその人に呼び止められた。気づいていたのか。挨拶だけしてすれ違おうと思ったら、「私のことずっと見てたでしょ」と笑って言われ自分が赤面していくのを感じた。
もしかしたら何もかも見抜かれていたかもしれない。去っていく背中を目で追った。追いかけて何もかも打ち明けたい気持ちと、すべてなかったことにして消えてしまいたい気持ちがない交ぜになった。誰にも言えない恋。


叶わないなら、せめて時々顔を見て、ああやっぱり綺麗だなとか素敵だなと思って満足してしまいたい。呼んできてくれるようなタイプでもないし。それでいい。破天荒なままでいてほしい。
いつか誰かとしあわせになっても、たまに思い出して笑ってくれたら嬉しい。
そういう世の中の正しさの残骸の中に埋もれて、夢を見て生きていきたい。
おわり。




レズビアンでいることと加齢による変化

 

ちょーど最近考えてたこととドンピシャなお題なので書いてみたいと思います。

特別お題「『選択』と『年齢』」

 

そもそもセクシュアリティ、男とか女とか性別で誰を好きになるかっていうのが一生固定されるわけじゃないっていう前提のお話ね。
セクシュアル・フルイディティ sexual fruidity、好きになる相手の性別が定まらず変化していくこと。

gjewel.jp

私は自分をバイセクシャルだと思っていたかったんですよね。
心のどこかで、私はまだ男性とセックスできるし恋愛できると思ってた。
でも年々そういう欲求だったりチャンスがあっても、あ、やっぱり違う!と思って男性と関係を持つことは結局なかった。

誰を好きになるかなんてのは性別に関わらず流動的なもので、Aちゃんが好きでもいつかは別れてBくんを好きになる。
男と女の間を行き来することになるのかなあなんて思ってたんです。
でも違った。やっぱり、女性がいいなーと思う今日この頃。

二丁目とかでよく言われること、レズですと言っていても30くらいまでに「やっぱり男と結婚しようかな…」と思って本当にそっちに行ってそのまま幸せに暮らす人もいる。
親に孫の顔を見せてあげたいから、とかウエディングドレス姿を見せたいから、とかそういう理由で。
そういう人がじゃあレズビアンじゃなかった、ということじゃないと思う。
レズビアンでありながら男と結婚して子供を産む人もいるし、そのまま男性と関係を続けていくこともあると思う。世間体などのために。

年齢が進むにつれレズであることのハードルが高くなり、あるところで一定数脱落したらそのあとは横ばいな気がする。
30前後で一旦迷って、結婚するなり男と付き合うかしていなくなるのか、そこで腹をくくってそのまま自分の意志を貫くか。
それは人生に何を求めるのかによるのだと思う。
現在の日本社会で子どもや世間体を求めたら男性と結婚するしかないだろうし、それが良いとか悪いとかの話じゃない。
どういう生き方を選ぶか、どういう生き方なら自分が幸せなのか、そういうこと。

レズビアンで在り続けることはある種の覚悟が必要だし、でもそれさえ自分の中に持ってしまえばこんなに楽チンなことはない。
自分の心に嘘をつく必要がないし、おかげさまで最近の世の中は随分と寛容になっているように感じている。
私は自分に嘘をつきたくないので、「自分が思う自分」でいることを選んだ。
世の中はきっとこれからも変化し続けていくだろう。
子供が欲しいな、とかどうやって食っていこうかな、とか考えるけれど、それより何より私は自分の愛する人と一緒に楽しく暮らしていきたい。
今私がこう在ることだけが事実だし、加齢による気持ちや肉体、世界の変化も愛する人と一緒に楽しんでいけたらいいなと思う。
おわり。

 

 

雨を言い訳にして

このところ鬱々とした気分が続いたのであんまりブログを更新しよ〜という気持ちになれなかった。
仕事でたくさん人と話すとMPの消費が激しく、本来楽しいはずの友人たちと遊ぶことすら億劫になる。

 

一人になりたくて居酒屋に行った。
居酒屋のカウンターはいい。一人で飲んでてもおかしくないからいい。
うるさい中で一人でぼーっとするのが結構好きだ。
誰も話しかけたりしてこないし、一生懸命話す必要もなくて気楽。
周りはグループで騒いでいる人たちばかりで、ナンパみたいにうっかり構われたりしないのもいい。
構ってなんかほしくないんです。一人で飲みたい日なんですから。
これがおしゃれなBARとか小洒落た個人経営の飲み屋に行ってしまうと、店員さんが気を利かせて話しかけてくれちゃったりするんですよね。
でもそういうのいいんだよ。一人で静かにスマホ見ながら酔っ払いたいだけだから。
自宅でテレビを見ながら晩酌するのと一緒。
人がお酒と食べ物を用意してくれるっていう利点のためにお店に行くだけで。
私と話しても面白くないだろうなあ、と思いながら一生懸命話題を考えるのってめっちゃ疲れるんですよ。
だから黙ってホッケとか冷やしトマトとかをつまみに静かにビールを飲みたいだけなのです。一人で。

ビールでふわふわになった頭で考えたこと。
私はあまり恋人と「共有したい」という欲求が、ない。
例えば恋人ができて、フツーの人だったらお互い共通の趣味があったらいいな、とか一緒に旅行に行って思い出作りをしたい、とか、お互いの友達を紹介しあったりするんですよね?多分?
お付き合いをした時点でお互いの人生に干渉しあっていて、その事実こそが最たる「共有」なのではないかと思うんですよね。
相手がめちゃめちゃボルタリングが好きな人で、一緒にボルタリングしよう!と誘われたらそりゃ1-2回は行きますよ。でもそのあと毎回付き合うかどうかは気分であり自分が楽しいかどうかによるでしょう。
それを「なんで彼女なのに付き合ってくれないの?」みたいな感じで思われるのが不思議でしょうがない。
全く興味のないことには申し訳ないけど付き合えない。でも否定もしない。
自由にやってもらっていいし、その時間を趣味の仲間と楽しく過ごせるんならすごくいいことだと思う。
私の趣味に絶対に付き合ってほしいとかもないし。
無理して付き合って嫌な思いをしてほしくない。
そもそも趣味らしい趣味は旅行とゲームと読書くらいで、だいたい一人で完結できるので、一緒にやりたいとか思わない。
友人や恋人と行く旅行も大好き。
だけど、一人で旅行をすることは人と旅行することとは意味合いが全く違う。
だから「一人でばかり旅行に行って、私とは行きたくないんだ」みたいなことを言われるのも意味不明。
オムライスより盆栽が好きなんだ、みたいな。その二者を比べます?
なんで誘ってくれないの、とかも。
トイレの個室に入ってうんこするのに人を連れ込みますか?
こちとら心の排便しに地球の裏側まで行ってるんだよ。うんこくらい自由にさせてくれよ。便秘になりそうだ。

 

理想を言うならば、お互いが一つの家の中、同じ部屋もしくは隣の部屋同士で好きなことに没頭し、飽きたら一緒に映画を見たりご飯を食べたりお酒を飲んだりできるってのが一番最高ですね…。
自分の縄張りの中に相手がいて、好きにくつろいでて、顔見たい時はひょいっと覗きに行ったりして。
縄張り意識が強いので、自分のうちに相手が来たり、人の家に入れてもらえることがすごく好き。
あとは街を無目的にプラプラ歩いたりするのもいい。
特別な場所、テーマパークとかイベントとかに行くのはたまにでいいな。
自然の中とかありふれた街中を散歩したりしてぼーっとして、あんまり気を使わない人がいい。
四六時中膝を突き合わせて一緒にいたり、二人で同じことをしたりするのに向いてない。
人と付き合うのに向いてないなとつくづく思った。
そう考えると今まで付き合った人たちに悪いことしたかなと心から思う。
みんなさー 明るくて社交的で外で遊ぶのが大好きで、人見知りせずいろんな人と話せてフェミニンで自分と同じ趣味の女の子が好きなんだろ…?
その真逆におりますので、もう雨や風や様々な事象を言い訳にして、薄暗い部屋で静かに文章を書いているわけなんですよ。
明るく楽しい気分の日もあれば、「明日になったらみんな私のこと忘れててほしいなー」という日もあり、人生は様々でありますね。
誰かに好かれたり好いてしまうことを恐怖に感じるし、なんで人間は結局一人では生きていけないんだろうって5分に1回考える。

好きって言っちゃうのってもはや暴力。
おわり。

2017年上半期の総括

もう6/30。つまるところ、明日から7月。
学生だったらもう直ぐ夏休みだ〜!!とか思えるんだけど大人だからね。
日々は続くのですね。

 

そうは言っても全力で遊んでいるし、8月からはスペインも行くからそう悲観したものでもないんだけど。
梅雨が嫌いすぎてちょこちょこいろんなところに逃げています。
一箇所にとどまれない性分です。

 

では2017年上半期まとめ

1月
大晦日は仕事してた。年明けは数日引きこもってゲーム三昧。
世界一周の準備を進めてたかなー。
映画を4本見た。

 

2月
世界一周タイ編。
寒い日本から暑くて乾燥したタイへ。
最高の一ヶ月だった。またチェンマイに長逗留してみたいなあ。

 

3月
世界一周スペイン編。
最高のことと最悪のことが交互にやってきて、たくさん泣いた。
周りの人の愛と優しさに触れてテンションがおかしくなった。
コーヒーをたくさん飲んだ。

 

4月
帰国。とてつもない虚無感に襲われる。
だいたい長い旅行の後はそんな感じ。

5月
めちゃくちゃ忙しかった。目の回る日々。
家にこもって作業することが多かった。
公私ともに移動が多く、マイルが貯まった。

 

6月
仕事が詰まってた。お客さんがとても多かった。
自炊する時間がなく半分以上外食してちょっと太った…。
本をたくさん読んだ。

 

2017年下半期の予定

スペインから生きて帰ってくる
たくさん書く
美味しいものを食べる
スペイン語の勉強…
映画をもっと見たい
流れに身をまかせる

おわり。

無理をしない

 

無理をしてると気付いた時点でそれを一回やめてみる。

 

f:id:dokodeneru:20170622113302j:image

 

限界ギリギリまで頑張り続けて
「もうこのまま死んでもいい」
と思えるくらいエネルギーを出し切って、ある日突然
「あ、もう無理だ、やーめよ」
となって数日間家に引きこもり誰とも口をきかない、みたいなことをしてしまう時がある。
エネルギーの出し方にばらつきがあり、0か100かみたいなタイプなので、調整できるようになりたいな〜と思いつつ。なれていない。

無理して頑張ったことは続かないし、続いても無理をしたことによる疲労・ダメージが後までじわじわと効き続ける。
もうキツいな、と思ったら、一旦中止してみて俯瞰する。
まだいけそうだ、と思ったり、エネルギーが回復してきて続けられそうだったらもう1回やってみる。

 

20代前半までは、とにかく焦りと不安にまみれていて、お金も家も仕事もあるのに何かを追い求めて毎日気が気じゃなかった。
これがなくなったらどうしよう、あれがうまくいかなかったらどうしよう、と
「上手くいかなかった場合のシミュレーション」
を脳内で繰り返していた。
ビョーキになるわそんなもん。
世の中の何もかもが自分から顔を背けて去って行ってしまうような気がしていた。
客観的に見たら上手くいっていることも、
「今だけのことかもしれない」
と常に不安を先取りしていた。
訳も分からず夜中に泣いて恋人に電話したり、友達がいないとわめいてみたり(実際にはいるのに不安からそう思い込んでいた)、情緒が不安定すぎた。
いつその状態から抜け出したか、という明確な時期は定かではなく、長い旅行に出かけて自分と対話をしたり、毎日たくさんの人と話すこの仕事を通じて私の内面は変化していった。
そんな20代前半は無理をしていた。無理をしていたからそうだったのかな。
やっぱりやりたくもないことを続けたり、自分の本当の気持ちに逆らってると人間情緒不安定にもなりますわ。
思えばあの頃は自分にウソしかついていなかった。
世間様の価値観に従うべくせっせと毎日自分の気持ちを殺しにかかっていた。
どんなにあざといペテン師も自分にウソはつけない、って布袋さんも歌っているよ。
たとえ他人にペテン師と呼ばれようとも、自分の気持ちに嘘はつかないで生きていきたい。

 

今は心の底からやりたいと思ったことだけやっている。
楽しいと思えることだけ取り組んでいる。
会いたい人にいつでも会いに行く。
行きたいところに行く。
食べたいものを食べて寝たい時に寝る。
怒る時もあるしムカつくこともあるけど、その場で発散してすぐ忘れる。
そうすると何でもかんでも楽しいし、嫌なことがなくなってしまった。
面白いこと、嬉しいこと、楽しいことで私の人生は溢れている。
周りにはぶっ飛んだ楽しい人ばかりだし、何を食べても美味しい。
そういう方がいいな、と自分で思って選んだから。
無理をして生きていくのは嫌だ、楽しいことばっかりの人生がいい、と思って行動してきたつもりだ。
そんなことない、人生は楽あれば苦ありだよ、と思います?
私は苦はもういらないんです。楽だけでいいです。
楽あれば苦ありだと思ってる人は楽あれば苦ありになるんじゃないですかね。

さて今日も全力で遊んできます。わーいわーい。
おわり。

6/18 雑記:踊ること2

・仕事が終わった後お客さんとカラオケに行った。
歌うことも好きなのでガンガン曲を入れて歌いまくっていたのだけれど、気がついたら歌うより踊っていた。

お客さんが星野源の「恋」を入れて、私にタンバリンを渡してきた。


星野 源 - 恋 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

盛り上げろ、という合図である。やらねばなるまい。

いつか見たタンバリンですごい動きをする芸人さんを思い出して、踊りながらタンバリンを鳴らしまくった。
踊り始めてみると、この曲とタンバリンを使って踊ることの相性の良さに驚き、気がついたら汗だくでタンバリンを全身で鳴らしながら踊っていた。
歌うことも楽しいけど、同じかそれ以上に踊ることが楽しい。
普通のダンス、いわゆるジャズダンスだったりバレエだったりそういうダンスを一切習ったことがなく、すべては見よう見まねである。何の要素も入ってないので私の動きはよく言えば舞踊っぽく、実のところ限りなく宴会芸に近いと思う。
ノリと勢いだけで踊るので二度と同じ動きが再現できない。いつだって一度きりのショータイム。酒宴が盛り上がることが何よりの喜びです。

・今週は飲みすぎた
飲みすぎると酒の味がわからなくなる。
来週はどうなるかな〜。

・嬉しい筋について

思考のクセみたいなものなのかな。
箸が転んでも笑えるなんて超ハッピーですよねー。

・飲みすぎて太ってきた
ビールをハイボールに変えよう…。

おわり。

 

自分軸で生きる

大人になってお金を稼ぐようになって何より良かったのは
「自分自身の生殺与奪権を自分で持てる」
ことでした。

 

家賃も自分で払うしご飯も自分で作るし、自分で仕事して自分で生きる。
実家にいたら人の顔色伺いながらご飯食べるから味も分からないし、嫌なことがあっても逃げ出せなかった。
逃げ出せたとしても一時的なもので、結局はまたそこに帰らなきゃいけない。
真冬のベランダにほうり出されたり包丁突きつけられたりコンクリの地面に背負い投げでぶん投げられたり、どんだけ命の危険を感じても私の戻る場所はそこにしかなかった。
いっそ死にたかった。殺してくれた方がラクだと思ってた。
お化けと友達になりたくて夜中窓の外に向かって祈り続けたこともあった。そうしたらあの世に連れて行ってくれるのではないかと思っていた。
小2の時にそういったハードな日々で頭がおかしくなって、図工で使う絵の具を全部筆洗いの中に絞り出し水で溶かして、マンションの窓から下に流し捨てたことがある。
私の部屋の窓は鉄の柵がはめられていて飛び降りることさえできなかった。流し捨てた水は私そのものだったのかもしれない。汚い絵の具混ざり水はマンションの白い壁を汚し、多分こっぴどく叱られたり殴られたりしたと思うがあまり記憶がない。


そんな日々なのでストレスからか自覚のない奇行が多かったらしく、クラスの男の子にめっちゃいじめられた。傘で殴られてるのを同級生が目撃し、先生にチクってくれて、翌日その男の子のお母さんがうちまで謝りに来た。
扉を開けると、そのお母さんが菓子折りを持って申し訳なさそうに佇んでいる。
本当にうちの子がすみません、怪我はないですかとかなんとか聞かれた気がする。
扉を開けている私の背後、数メートル先には義父がゴロゴロしながらテレビを見ており、こちらの様子を伺っていた。私は一旦扉を閉め、義父にどうすればいいか尋ねると何も受け取るな、早く帰ってもらえと言うだけだった。
もう一度扉を開け、怪我はないです、別に大丈夫なんでもうお帰りいただいていいですよ、というとせめてこれだけでもとお母さんがグイグイ菓子折りを渡してこようとする。
しかし、何も受け取るなと言われた以上受け取るわけにはいかない。それを受け取ってしまったら私がこの後義父に何をされるかわからないからだ。
けれどお母さんの押しは凄まじく、私はそれを受け取らざるをえなかった。
後は地獄だ。扉を閉め、仕方なし受け取ってしまった菓子折りをどうしようかと悩んでいる間に義父が背後に立っておりめちゃくちゃに殴られた。
今でもこの件は何で殴られたのかさっぱりわからない。たかがお菓子よ?と思うのだけれど、義父の中には彼にしかないルールが存在しているのか、よく理由の分からないことで激怒され叱責されとりあえず殴るか背負い投げされるかした。暴力はあれど性的虐待がなかっただけ儲けものだと思うしかない。
殴られた記憶と殺されそうになった記憶を書き連ねるだけで一冊の本ができてしまいそうなのでこの辺にしておきたいけど、つまるところ分かりやすく虐待されており、命の危険と理不尽な暴力にさらされていた。

 

そんな幼少期を送っていると大人になってからの何もかもが煌めく。
自分の金で好きなものを買ったり食べたり、誰にも殴られることなく、怯えなくていい日々。
嫌なことがあっても、あれに比べたら屁でもねえ、明日も元気に生きるぞと思える。
私の傷は今もまだ癒えてないのかもしれない、しかし義父も歳をとりずいぶん弱くなった。もう彼を憎みたくない。昔は苦しんで死ねと思っていたけれど、どうか穏やかな老後を送ってほしい。
これは今の私の本心だ。昔とは違う。

 

生死を根幹に人の言動に振り回され、自分なんて存在しないような人生を19まで送ってきたので、それ以降に関しては何一つ妥協をしたくないし、他者からの言葉に動かされたくないと思っている。
今、私は屋根のあるところに暮らし、毎日美味しいご飯を食べている。仕事もある。踊ることもできる。歌だって歌える。旅行もできる。
他人の言葉に傷つくこともある。でも殴られない。殴ることもない。暴力のない素敵な世界。
死ぬほど振り回されて、顔色を伺い続けて、もう嫌だ、もううんざりだと心の底から思ったから、「他人なんてどうでもいい」と思えるようになった今がある。
嫌われてもいい。愛されなくてもいい。ただ生きたい。志半ばで死にたくない。
たとえ全世界の人間に嫌われても私はしぶとく生き延びるつもりだし、泥水すすり草を食んでも絶対に野たれ死ぬことはないと心に決めている。
それは単なる概念ではなくて私自身が決めた誓いだ。
嫌われてもいい、愛されなくてもいい、でも私は好きになってしまうし愛してしまう。だから生きて人を好きになってそのあったかい気持ちだけ持って日々を過ごしていたい。
憎しみに飲み込まれて生きるのは何より辛いことだから。
他人なんてどうでもいいし、だから好き。
自分じゃないのに、自分を大切にしてくれるから。
おわり。