読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今夜、どこで寝る

旅と踊りと酒

ブログを始めて半年が経ちました

いらっしゃいませ・こんにちわ。
もう4月か〜〜時間が経つの超はえ〜。
今年の4分の1が終了したんだね。
こうやってあっという間に人生が終わるんだな…。と春が来るたびに思う私です。

はてなからのメールで知ったんですが、どうやらこのブログを開設してから半年が経ったようです。
ドメインをとったのが確か9月ごろ、よしやるかって気持ちになったのが11月。
あれから半年が経ちどんなことが変わったのか・また変わっていないのか。
ちょっと振り返ってみたいなーと思います。

まず「おっぱいが大きかったので会社員を辞めてポールダンサーになった話」
が鬼のようにバズったところからいろんなことが動き出しましたね。
こんなことになるとは思っていなかったので、あのブログを書いた直後に知り合いに「ちょっと長い文章書いたから変じゃないか読んでみて」とか呑気にエントリを送りつけたりしていました。
自分の書いた文章が、「ポールダンサーとしての自分」を誰も知らない、まっさらなところで、文章力だけでどれくらい評価されるか知りたかった。
自分の書いたものだけで勝負できるのか、確かめたかった。
そう思って始めたブログだったので、コメントをいただいたり色々なところで紹介してもらえて、本当に本当に嬉しかったです。
やっぱり私は文章を書くのが好きだし、たとえこれが飯の種にならなかったとしても、私は私の思うことを書かずにはいられない。
誰しも「自分が自分であるため」の儀式を持っていると思うのだけど、私にとっては文章を書くことと旅をすることがそれにあたります。
踊ることと歌うこともそうかな。書く・旅をする・踊る・歌うが4点セットでとっても大事。
ありがたいことに書くお仕事を色々頂いて、今後も皆さんにお見せできる場所が増えていきそうです。
でももし、私の文章が誰にも必要とされなくても、私は書き続けると思う。私自身のために。という気持ちを新たにできたので、ブログはじめてよかったな〜と思いました。

それから世界一周に行ったこと。
11月くらいはタイとスペインに行くってのは決めてたけど世界一周しようとはまだ思ってなかった気がする。
無事に戻ってきて、なんだか何もかもが夢のようで、まだ全てを書ききれていません。
それで気がついたのは、渦中にいるときはうまく書けないんだなということ。
全てがひと段落してからじゃないと起こったことをうまく書き記せない。
なのでnoteの方はこれからじっくり更新していきます。購入してくれた方、本当にありがとうございます。一生懸命書きますので気長に読んでくださいませ。

恋をしたこと。
もうひとなんか好きにならねえよ〜〜ってやさぐれていたのですが、実は、閉じきっていた心の鍵がフルオープンになる出来事が旅の途中でありました。
今もなんて言ったらいいのかわからないまま。
でもなんつーかこう、だいぶ平和な気持ちです。ドキドキもするけど、相手が元気ならいいなあ、とかまた会いたいなあ、と思う。
恋をするつもりなんてこれっぽっちもない時に限って恋はやってくる、とマッキーも言ってましたね。本当に真理だと思います。
でも、崖から突き落とされるような落ち方じゃなかった。さあ、この扉の向こうに一緒に行きましょう、って優しく諭されるような、そんな恋の始まりだった。
崖から突き落とされるタイプの恋の始まりもいいけれど、手を差し伸べられるのも悪くないものだなと思いました。おいおい語っていきたいと思います。

あんまり人前で泣いたりしないのですが、旅の最中はうっかり心がフルオープンになって号泣したり泣きながら笑ったりハグしたりされたり、子供の頃でさえこんなに人と密に触れ合わなかったのでは?と思うくらい、何にも隠さずためらわず人と触れ合ってきました。
人生捨てたもんじゃないなと思えた。

今年はざっくり計算したところ年間の4分の1はスペインにいて、それ以外もどこかをウロウロ移動する予定です。
嬉しいお知らせも近々できそうなので、どうぞお楽しみに。
今年も残り8か月、いっぱい遊ぶぞ〜〜〜〜!!
おわり。