読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今夜、どこで寝る

旅と踊りと酒

2016年に読んだ本・観た映画

今年は春先に部屋の大掃除をした関係で、紙の本からkindleへ移行した年でした。
紙の本はほとんど売払い、kindleで買い戻しました。
その後、紙で買った本はほんのわずかで、どうしてもkindle化しなさそう、もしくは時間がかかりそうなものに関しては紙で買いました。
音楽もiTunesだし、映画も最近はAmazonプライムビデオで観れるし、便利な世の中で最高です。

さて今年読んで良かった本、そして良かった映画をまとめていこうと思いまーす。
BLは別途書く予定。

 

漫画編

ムシヌユン(3) (ビッグコミックス)

ムシヌユン(3) (ビッグコミックス)

 

  ナチュンの頃から大好き・都留泰作先生の連載中の作品。
SF・南国・エロ?グロ?が絶妙に混じり合う世界観がたまりません。
都留先生の描くたゆんたゆんな女子が好き。

 

ハクメイとミコチ 4巻<ハクメイとミコチ> (ビームコミックス(ハルタ))

ハクメイとミコチ 4巻<ハクメイとミコチ> (ビームコミックス(ハルタ))

 

 思った以上にハマってしまった!ほっこり丁寧感が良いのか。なんなのか。
小人の作る料理が美味しそうで食べたい…マキナタに行きたい…

 

波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンコミックス)

波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンコミックス)

 

 いつも期待を裏切らない沙村広明。ミナレ、気持ちはわかるぞ。

 

九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子<九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子> (ビームコミックス(ハルタ))

九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子<九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子> (ビームコミックス(ハルタ))

 

 「ダンジョン飯」がヒット中の作者の短編集。
この人の漫画好きだなー!ダンジョン飯みたいなコミカルなのも良いけどシリアスな作品、すごく良い。

 

 

イムリ 20<イムリ> (ビームコミックス)

イムリ 20<イムリ> (ビームコミックス)

 

 角川セールの時に一気買いしたんですけど…定額でも買いたい!
作り込まれた世界観で、没頭できること間違いなし。

 

活字編

 

破天 (光文社新書)

破天 (光文社新書)

 

 インド仏教界のトップに立つ日本人僧、佐々井秀嶺氏を取材したルポルタージュ。
めちゃめちゃ長いんですけど時間を忘れるほど面白いです。私の知らないインドがそこにあった。

 

 

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

 

 村上春樹のエッセイのなんとなーく力が抜けた感じが好きだな。
雨天炎天もお気に入りです。

 

 

ナゾの遺構「トンカラリン」 火の国(熊本)の大地に眠る聖書の世界

ナゾの遺構「トンカラリン」 火の国(熊本)の大地に眠る聖書の世界

 

 ものすごいトンデモ本ではあったのですが、トンカラリンに興味のある人にはオススメかな…。読み応えはありました。

 

 

カミーノ! 女ひとりスペイン巡礼、900キロ徒歩の旅 (幻冬舎文庫)

カミーノ! 女ひとりスペイン巡礼、900キロ徒歩の旅 (幻冬舎文庫)

 

 スペイン巡礼行きて〜!!歩いて・歩いて・歩いたその先に人は何を見るのだろうか?
何もかも失った時、なぜ人は歩くのだろうか。四肢を動かし生を満喫しましょう。

 

映画編

 


映画『五日物語ー3つの王国と3人の女ー』30秒予告

 記事に書いちゃうくらい最高でしたよね!これを見ずに2016年終われません。
DVD買っちゃおうかな〜

 


映画「キャロル」予告編

 ケイト・ブランシェット超超素敵だった…
この映画は選択するってどういうことかを美しく描いていて陶酔できた。



映画「オデッセイ」予告Z

わくわくおイモ育成日記@火星!って感じですごく楽しく観れました。
キャストアウェイ宇宙版といってもいい。

 

今年は全然映画館で映画を見れなかった・そして来年も見れなさそう…
その分WEBサービスをフル活用して過去の名作をたくさん見たいなー。